richard wagner homepage

 ジークフリート   siegfried 


back to home back to siegfried page
指揮者 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
オーケストラ RAIローマ交響楽団
ジークフリート ルートヴィッヒ・ズートハウス
ブリュンヒルデ マルタ・メードル
さすらい人 フェルディナント・フランツ
ミーメ ユリウス・パツァーク
アルベリッヒ アロイス・ペルネルシュトルファー
ファフナー ヨーゼフ・グラインドル
エルダ マルガレーテ・クローゼ
森の小鳥 リタ・シュトライヒ
プロデューサー
ディレクター
レコーディング・エンジニア
録音年月日 1953年11月10日、13日、17日
録音場所 ローマ・オーディトリオ・デ・フォロ・イタリーコ
放送用録音
初出 EMI
RLS702
初出年 1972年
CD EMI
CZS7671232


レコード・メモ
伝説のフルトヴェングラー/ローマの指環。
RAIによる放送を目的とした、舞台を伴わない演奏会形式の公演であった。詳細は神々の黄昏のページを参照
当録音について、上では挙げなかったが実際にはMRF23という非正規盤が初出だった。
ジークフリートの録音は、第1幕が11月10日、第2幕が11月13日、第3幕が11月17日の、計3晩で行われた。
録音は各公演前日の午前と午後、当日午前の3つのリハーサルと、本番の公演が録音され、翌日これらのテープからフルトヴェングラーとディレクターが放送用テイクを選んだ。